ホーム > 健康 > 抗うつ剤

抗うつ剤

抗うつ剤は、機嫌を押し上げる影響が強い分、それに合せて動き回ると、揺り戻しが来て、限度まで疲労が溜まると、ガクッと「うつの波動」が来るような薬剤だったんです。実際今までにも何度か、結果が出て行動的になり、あれこれとやり過ぎで気疲れが溜まり、そのせいでまた憂鬱さが嵩ずる、という体験を何度かしていたのです。鬱病は、重たい時はすっかり動けないため、体力がべらぼうに落ちてしまいます。その容態から、飲み薬の功能で行動的になってしまうと、必ず倦怠で悪化するんですよね。

「またやっちゃったよ~」と自省し、薬ももう少しソフトな効力のものに変えてもらい、今は自覚して、あんまり動き回らないように気をつけています。欝病について調べたり、病院に行って医薬品を処方してもらい、

下園壮太さんのプチ認知療法で、どうかこうか征服することができました。うつ病って真に辛く辛い病気です。そしてなった方にしか分からない、理解されにくい疾患です。うつ病で苦しんでいる方やうつ病かもしれないと悩んでいる方は、絶対的に無理はして欲しくないです。ホント、うつ病って、骨の折れる病気ですよね。


関連記事

  1. 抗うつ剤

    抗うつ剤は、機嫌を押し上げる影響が強い分、それに合せて動き回ると、揺り戻しが来て...

  2. 疲労しやすくなって

    25歳を過ぎてから、まさに疲労しやすくなってしまっていけません。以前はこんなこと...

  3. 疲れもなくなった更年期サプリ

    更年期の症状は人それぞれ。今自分に出ている症状が何か病気によるものなのか、それと...

  4. どんどん腰痛がひどくなって

    妊娠して徐々に大きくなるお腹によって、姿勢の変化も起こります。この姿勢の変化が母...